幸せになるコミュニケーション術
私が体験し、学んだカウンセリングのすばらしさとその知識・見方などをたくさんの人に伝え、日々のコミュニケーションに生かしてほしい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションの誤解”2”
もう暖かくなったといいながら、
雨が降ると、まだ、暖房器具がほしい時期ですね。

本当に自然って、わからないし、
それと同じように人の気持ちもわからないよ~!!!!!

私、最近、こんな出来事がありましたよ。

子どもが、 ”算数がわからない””算数ができない”と言っていました。

これを聞いた私は、

「算数全部がわからないのか」とか、
「算数を考える能力がないのか」とか、
いろいろ思ってしまいました。

こんなことを考え・思ってはいけないと思いながらも(笑)

あなたなら、どんなことを思いますか?
また、同じような経験をされたことはありませんか?


このことは、前回の続きにつながるのではと、ふっと思ってしまいました。

では、続きです。

「あなたは、どんなことをイメージしましたか?

例えば

{大事なものをなくしたと言われて}の連想は、

お金、カード、結婚指輪、会社の大切な資料、夫婦旅行のチケット、または、奥さんへの愛情・・そんなこはありえませんがね。

{ショックがあったと言われて}の連想は、

テストで悪い点を取ったこと。
先生に叱られたこと。
友達とケンカしたこと。
何かスポーツでミスをしたこと。
犬が轢かれてたところを目撃したこと。
それとも、イジメ????など

{海}と言われて}の連想は、

青い・きれい・さらさらした砂浜・楽しかった恋人の思い出など

どうでしたか?
同じようなイメージをしたり、全然、違うイメージだったり、
本当にいろんなことが思い浮かんだことだと思います。

では、どうして?????

実は、あなたがイメージしたことは、どれも間違いではないけれども、正解でもないのです。
なぜなら、本当に言いたかったことは、言った本人しか分からないからです。

どうして、バラバラのイメージが起こるとあなたは思いますか?」

続く!!!!!

FC2
Blog Ranking



JRANK
Blog Ranking



人気blogランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://himasensei.blog83.fc2.com/tb.php/24-27b33b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。