幸せになるコミュニケーション術
私が体験し、学んだカウンセリングのすばらしさとその知識・見方などをたくさんの人に伝え、日々のコミュニケーションに生かしてほしい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”いつも”という言葉・・・パート1
どうですか?
私もカウンセリングなどをしていて、本当に思うことは、
どうしたら、”ラポール”を取ることができようになるのか
です。

これは、とても難しいですが、
でも、これからのコミュニケーションをしていくときには、
なくてはならないことであるはずです。
これからも一緒に考えていきましょう!

では、今回から3回に分けて、考えていきたいのは、
言葉の”いつも””昔から”です。
読んで見て下さいね。

「では、今回のテーマは、『言葉・・・”いつも”・”昔から” 』について、一緒に考えていきたいと思います。
まずは、次に例文を読んでみて下さい。

「この仕事のやり方は、昔から だ。」
「この仕事、いつもミスばかりして。」
昔から ここでは、女性がお茶を入れるのだが。」
いつも、きみがやっていたのではないか。」
「よくわからないけど、昔から からなので、いいのではないの。」
いつもしているから、そのやり方は変えたくないのだ。」

どのような感じを受けますか?
上記の例文は、遂、口に出してしまいそうな文句ではありませんか?
では、どうして、口に出してしまうのでしょう?
ここで、すこし考えてみては・・・・・・・・・・。

また、みなさんの中で、または、周りの方で、 『いつも』・『昔から』という言葉を言う、聞く機会が多々あると思います。が、そのときの状況、周りの反応がどのようであったのか、思い出してみてください。
きっと、気分が重いような、決して、明るい感じ・スッキリするような感じではないと思うのですが、いかがでしょう?」

ここでは、この何気ない言葉の感覚を味わって見て下さいね。

続く!

FC2
Blog Ranking



JRANK
Blog Ranking



人気blogランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://himasensei.blog83.fc2.com/tb.php/11-87e25cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。